七田家の子育て 45のルール
発売日
2010年02月18日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-77671-2

「できる子」が育つ
七田家の子育て 45のルール

著者 七田眞著 《(七田眞)しちだ・教育研究所前会長、(七田厚)同研究所社長》
七田厚
主な著作 「できる子」の親がしている70の習慣』(PHP研究所)
税込価格 1,404円(本体価格1,300円)
内容 七田眞氏(父)と厚氏(子)による七田家の子育て法をルール化し、これまであまり知られていないエピソードも交えながら解説する。

本書は、右脳教育の第一人者である、2009年に他界した七田眞氏と次男の七田厚氏が、脳をフルに活かす子育て法を紹介したものです。七田家の子育てでは、テストのためという勉強の仕方はしません。目指しているのは、大人になってから「人の役に立つ人材となる」ことであり、学力第一という考え方ではなく、素質や生き抜くための知恵を育てることを大切にしています。

 本書の45のルールの冒頭は、どれも七田眞氏と厚氏との子育て親子対談になっていて、それに続き七田厚氏がさまざまなエピソードを交えてポイントを紹介するというものです。

 具体的なルールとしては、「教えるタイミングを逃さない」「五感を生かして書く」「人に譲る気持ちをもて」「名文の記憶が高い素質となって出てくる」「お小遣い帳をつけさせる」など。

 頭のいい子に育てるための、お父さん、お母さんの習慣がよくわかります。