子どもが育つ論語の言葉
発売日
2010年05月10日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-77810-5

子どもが育つ論語の言葉

著者 齋藤孝著 《明治大学文学部教授》
主な著作 1分で大切なことを伝える技術』(PHP研究所)
税込価格 1,296円(本体価格1,200円)
内容 子育ての様々な場面で役立つ論語の言葉を、教えやすく、すぐに使えるように、事例とともに解説。頭のいい子は論語で育つ。

いま論語が見直されています。

 

 論語を必須にする小学校が増えてきたり、ビジネスの世界でも論語に学ぶ動きが出ています。日本のあらゆる世界で価値観が揺らぎ、不安が増大するいま、多くの日本人が論語に「筋の通った生き方」を見出そうとしていると著者は説きます。

 

 ひと昔前までは、日本人は親から子へ、先生から生徒へ論語の価値観を伝えたものですが、孔子の教えをしっかり伝える人は少なくなりました。

 

 そこで、本書では孔子の言葉の中から、子育てに役立つフレーズを選び、ふだんの生活で子どもに自然に語ることができるようにまとめました。

 親と子の会話形式でその場の状況に合った教え方ができるように工夫しています。あなたのご家庭の状況に合わせてさらにアレンジして使うと効果的です。

 

 論語は何度でも伝えようと試みることが大事です。たとえ子どもがその場で理解できなくても、やがて人生の大切な場面で「あー、あの言葉はこういうことだったのか」と思うことがきます。

 

 本書を使って、論語の言葉を子どもの心にしみわたらせる画期的な1冊です。