日本企業にいま大切なこと
発売日
2011年08月11日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-79713-7

日本企業にいま大切なこと

著者 野中郁次郎著 《(野中)一橋大学名誉教授、(遠藤)ローランド・ベルガー日本法人会長》
遠藤功
主な著作 <野中・主な著作>『失敗の本質』(中公文庫)
税込価格 778円(本体価格720円)
内容 成功しているグローバル企業の共通点、それは「日本的」であった! 本家本元・日本の強みをいまこそ自覚し、逆転の経営戦略を語ろう。
リンク

http://www.php.co.jp/books/sp/nihonkigyo.php

「アメリカ型」はもはや古い! 不朽の名著『失敗の本質』で有名な世界的経営学者と、『見える化』を著したローランド・ベルガー日本法人会長が、日本逆転のシナリオを論じた往復対論。

 情緒的、非効率、ガラパゴス……「だから世界では戦えない」と指弾された日本企業は、CSRにコンプライアンスと論理的・科学的経営を妄信してきた。ところがアップルやグーグルをはじめ世界に冠たるグローバル企業は、もはや「アメリカ型」に懐疑的。むしろ「共同体の善」「現場の暗黙知」といった日本の「当たり前」が注目されているのだ。

 日本人自身が忘れた「日本の強み」を自覚せよ。「知識創造理論」を広めた世界的経営学者と「見える化」を唱えた現場主義の経営戦略家が、海外に売り込める日本の価値観を語り合う。

 いまこそ「エコノミック・アニマル」に立ち戻れ/「ぶら下がり社員」を海外に送り込め/情緒的な国でどこが悪い/モノづくりに?身体性”を取り戻せ