スプラッシュ マンション
発売日
2012年03月07日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-80322-7

スプラッシュ マンション

著者 畠山健二著 《コラムニスト、作家》
主な著作 『下町のオキテ』(講談社文庫)
税込価格 1,728円(本体価格1,600円)
内容 マンション管理組合の高慢な理事長に一泡吹かすべく立ち上がった男たち。奇想天外なその作戦の顛末は……。わくわく度満点の長編小説。

東京・新小岩駅から徒歩4分の「ルネッサGL」は、150戸の規模でサウナ付スパのある築4年目のマンション。近くの大衆酒場「おたこ」では今日も脱線3人組が盛り上がっている。漫画の原作を書く葉山俊介、元落語家の関西人・麻丘元春、鉄鋼会社経営の元高校球児・南淳二だ。

 麻丘と南はマンション管理組合の理事で、新築時から理事長を務める高倉宏志と管理会社との馴れ合いに疑問を抱く。あるとき理事会で高倉理事長と対立した麻丘と南は、葉山を参謀として高倉に一矢報いる作戦を立案する。何でも笑いに変えてしまう3人の、冗談から始まった復讐劇は、ソープ嬢の貴子や管理会社担当の小林を巻き込んで……。

 「人生は遊園地。遊んじゃえばいいの」。まさに水をはじきとばすかのように進む“スプラッシュ”な展開から眼が離せない。

 軽妙な会話で物語を楽しませつつ、マンション管理や人生のウンチクもたっぷり。ベストセラー作家・百田尚樹氏が「この小説はオモロすぎる!」と絶賛した傑作長編。