新選組 謎とき88話
発売日
2013年05月13日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-81260-1

新選組 謎とき88話

著者 菊地明著 《歴史作家》
主な著作 新選組 組長・斎藤一』(PHP研究所)
税込価格 1,870円(本体価格1,700円)
内容 近藤勇の遺体はどこに眠っているのか。松原忠司の最期とは。山南敬助、脱走の真実とは。新史料で謎を解く、新選組ファン必読の一冊。

テレビや小説などで多く取り上げられる新選組。その中に出てくる話は、どこまでが真実で、何が作り話なのか。また、その後はどうなったのか。ここ20年の間で新選組の史資料は驚くほど発掘され、新事実が確認された。そのことにより、今まで伝えられてきた実像もだいぶ変わってきた。

 そこで本書では、最新の史資料をもとに「近藤勇の遺体の行方」「土方歳三の奉公」「斎藤一の佩刀」「山南敬助の脱走事件」「松原忠司の最期」など、興味深い話をピックアップし、その謎を解きながら、新選組の通史を洗い直す。入門書レベルでは満足できない人のための奥の奥まで追究した一冊。

 【主な内容】◎新選組と見廻組――これが不仲となった理由だ ◎池田屋事件(一)――反幕過激派は何人いたのか ◎松原忠司――謎に包まれた最期 ◎沖田総司の最期――絶命の地をピンポイントで特定する ◎死神に取り憑かれた男――土方歳三が告げた言葉とは など