企業遺伝子の継承
発売日
2013年11月25日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-81643-2

企業遺伝子の継承
3つの革新が「組織の盛衰」を決める

著者 野口吉昭著 《株式会社HRインスティチュート代表取締役会長》
主な著作 コンサルタントの「質問力」』(PHP研究所)
税込価格 1,512円(本体価格1,400円)
内容 時代の変化とともに、革新を続けなければ企業は生き残れない――革新が「組織」からではなく、「個」から生まれることを説いた一冊。

激変する市場、移ろいやすい顧客心理。今の延長に未来はない!

 グローバル市場のなかで日本企業が苦戦する一方、ユニクロを展開するファーストリテイリング、ソフトバンクなど、勢いのある企業も存在する。

 しかし、職業人としての人間の寿命はそう長くはない。

 アップルですら、ジョブズの死後、次なる戦略を打ち出せていない。

 それほどまでに企業が成果を出し続け、存続し続けることは難しいことなのだ。

 本書では、2013年秋、自ら創業社長から会長になり、次世代へのバトンタッチを経験した著者が、企業の存在意義である「市場価値の創造」という「企業遺伝子」を継承する方法を説いた1冊。

 

 【内容例】

 ◎ソフトバンクアカデミアで孫正義社長を超える人材輩出を

 ◎トップが声高に叫んだところで、企業は潰れる

 ◎威風堂々たるトヨタ

 ◎退路を断ったヤマトの戦略

 ◎オーナー企業はなぜ、企業遺伝子が継承されやすいか……etc.