脳を活かす伝え方、聞き方
発売日
2013年12月13日
在 庫
在庫なし
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-81669-2

脳を活かす伝え方、聞き方

著者 茂木健一郎著 《脳科学者》
主な著作 脳を活かす勉強法』(PHP研究所)
税込価格 836円(本体価格760円)
内容 なぜ、会話上手は脳が若いのか。人見知りだった著者は、いかにそれを克服したのか。上手に伝える、聞くコツを脳科学の知見で紐解く。

好奇心旺盛で話し上手な著者。しかし、茂木先生は話しベタ、対人恐怖だったという。そんな著者が自ら克服した「人づきあい」の達人になる極意を披露する。

 自分の思いが相手に伝わらない、人との適度な距離感が分からない、人見知りが激しいなど人間関係に悩んでいる人は多い。本書では「コミュニケーションが苦手」と悩んでいる方に、著者自身の体験と脳科学の視点をもとに、人間関係を円滑に進め、会話上手になる方法を伝授する。

 内容例を挙げると、◎脳は無意識に相手の情報を読み取っている ◎「私」を意識すると、脳の機能が低下する ◎同級生同士の会話が脳にいいわけ ◎脳は他者とのコミュニケーションを求めている ◎連想記憶を使って、その場で話題を組み立てる ◎雑談が楽しいのは脳が健康な証拠 ◎脳は常に新鮮な話題を求めている 等々

 なぜ会話をすると脳にいいのか、本書ではコミュニケーションベタを克服した著者の豊富な実例とエピソードで学べる一冊。