南海電鉄のひみつ
発売日
2014年05月19日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判変型並製
ISBN
978-4-569-81863-4

南海電鉄のひみつ

著者 PHP研究所編
南海電鉄協力
主な著作 近畿日本鉄道のひみつ』、『阪急電鉄のひみつ』(PHP研究所)
税込価格 1,676円(本体価格1,524円)
内容 大阪・和歌山の通勤・通学・観光輸送を担い、現存する純民間資本の私鉄としては日本最古の歴史をもつ南海電鉄の魅力を紹介。

南海電鉄は、大阪の難波を拠点に大阪府南部や和歌山県北部をエリアとする民間鉄道会社です。1885年開業の阪堺鉄道をルーツとし、創業130周年を目前に控えています。

 「ラピート」や「天空」などの特徴的な車両をはじめ、新旧20種類以上の車両が現役で走っており、車両好きにはたまらない路線です。また、橋本~極楽橋間には50‰の急勾配や100Rの急カーブ、24ものトンネルが連続する国内有数の険しい山岳路線があったり、大阪市内にも都会のローカル線といえる汐見橋線(汐見橋~岸里玉出間)があったり、JRと線路を共有する関西国際空港連絡橋があったり、実に変化に富む車窓風景が楽しめます。

 「鉄人28号」のニックネームを持つ特急「ラピート」が、2014年には機動戦士ガンダムUCと夢のタイアップ。「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」として期間限定運行されるなど、目が離せない南海の魅力を紹介します。