SDGsの正体
発売日
2020年10月27日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-84825-9

SDGsの正体
メディア報道ではわからない真の目的とは

著者 村井哲之著 《株式会社SDGsビジネス総合研究所 理事長》
主な著作 『コピー用紙の裏は使うな』(朝日新書)
税込価格 1,683円(本体価格1,530円)
内容 国連はなぜ、SDGsを推奨するのか? 本当に「持続可能な開発」を行いたいのか? それはうまく行くのか? を徹底検証する。

 有名な学者が「未来の世界のかたち」と呼ぶほどに、日本でも推進機運が盛り上がってきたSDGs。そこで達成しようとする項目を見ると、確かになおざりにはできないことが並んでいる。今後、それらを解決できるように動いてゆかないと、人間社会は持続不可能になるという触れ込みで、国連は加盟国に強い推進を迫っている。

 しかし、それは本当なのだろうか? 持続不可能になったら、いかなる事態が起きるのか?

 人間にとってSDGsの推進は本当に不可避なのか?

 かつて世界的に大きな目標となり、いつの間にか消えていった「CO2削減問題」の際に、その中心にいた著者は、SDGsの出現に鮮明な既視感を持った。

 本書は、SDGsに対して抱いた著者の疑念を掘り下げ、その正体と真の目的を暴いた一冊である。多くの企業が騙され、損失を抱えさせられた「CO2削減問題」の轍を踏まぬよう、SDGsとの距離の取り方も考察する。

 対話形式で書かれ、やさしく理解できる工夫もほどこされている。