地政学で読み解く日本合戦史
発売日
2022年08月10日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-85298-0

地政学で読み解く日本合戦史

著者 海上知明著 《NPO法人孫子経営塾理事・日本経済大学特任教授》
主な著作 『川中島合戦』(原書房)
税込価格 1,320円(本体価格1,200円)
内容 勢力均衡やランドパワー、シーパワーの視点から「天下分け目の戦い」を分析。双方の勝因・敗因と戦略・戦術の教訓を明らかにする。



 シーパワーやランドパワー、ハートランド、勢力均衡。地形や地理の影響から国際政治を考える地政学の視点は、日本国内の歴史をみる際にも有効である。ただしその際、見落としがちな点がある。それぞれの「国」の地政学的位置は不変であるが、勢力均衡の重要地点はたえず変化することだ。

 何の変哲もない田舎、人家もないような原野や山岳が、突如として歴史を変える場所になる。川中島や関ヶ原が重要な地点であるとは、平和な時代には想像もつかない。だが、そうした場所には大規模な合戦が行われた理由が必ずあるのだ。古戦史研究の第一人者が、新たな視座から歴史の転換点を分析する。

 
●序章「応仁の乱」と「関ヶ原合戦」――戦略の有無が分けた天下分け目
●第一章 日本各地域の地政学的な戦い方
●第二章 地政学的要地はどのように決まるのか
●第三章 合戦と要衝
●第四章 天下を決める政治力学と社会構造