『なつみはなんにでもなれる』『おいしそうなしろくま』『すなばばば』が、第10回MOE絵本屋さん大賞「パパママ賞」にノミネート!


なつみはなんにでもなれる(ヨシタケシンスケ作/絵)、おいしそうなしろくま(柴田ケイコ作/絵)、すなばばば(鈴木のりたけ作/絵)の3作が、第10回MOE絵本屋さん大賞の部門賞「パパママ賞」にノミネートされました。

 

PHPehon.jpg

 

パパママ賞

MOE絵本屋さん大賞の部門賞。全国のパパママの投票により、1年間(今回は2016年10月~2017年9月)に刊行された、0~6歳の未就学児向けの絵本のベスト5作品に贈られます。

このパパママの投票のための「ノミネート作品」は、全国の書店員さんのご投票により、20作品が選ばれています。

 

『なつみはなんにでもなれる』『おいしそうなしろくま』『すなばばば』以外のノミネート作品は、「kodomoe web」特設ページで紹介されています。こちらのweb会員に登録(無料)すれば、小学生までのお子さんがいるパパママであれば、どなたでも投票が可能です。期間は10月25日(水)いっぱいです。

ぜひご参加ください!

 

MOE絵本屋さん大賞

その年、全国の児童書を担当する書店員さんに、もっとも支持された30冊を決定。

詳しくはこちら