• HOME
  • ニュース
  • 「PHP〈傾聴〉講座」開講のご案内【2019年2月~・京都/6月~・東京】

ニュース
  •  
  •  


「PHP〈傾聴〉講座」開講のご案内【2019年2月~・京都/6月~・東京】

京都(2月開講)、東京(6月開講)で開催される「PHP〈傾聴〉講座」の受講生を募集します。

 

「PHP〈傾聴〉講座」とは

 

男女

 

傾聴とは

傾聴とは、話し手の考えや気持ちを、聴き手の価値観や感情にとらわれることなく、話し手の立場に立って共感的に理解する聴き方のことです。カウンセリングやコーチングといった専門的なスキルの基本であるとともに、家族や友人などとのコミュニケーション、さらには上司、部下、同僚、顧客などとのビジネス・コミュニケーションの改善に役立つことも期待されます。高齢者施設や病院を中心に「傾聴ボランティア」も広がりをみせており、 「傾聴」への関心は年々高まっています。

 

松下幸之助の哲学を実践

また「傾聴=よく聴くこと」は、松下幸之助の「人間観」「素直な心」「自己観照」に通じるとともに、「衆知を集めた全員経営」「自主責任経営」「適材適所の経営」などのベースにあった態度でもあり、これを学び、身につけることは、松下(経営)哲学の理解と実践につながります。

 

良き人間関係を築くために

「人の話をよく聴く」ことで、仕事上、あるいは個人的にも、よりよい人間関係を構築したいとお考えの皆様のご受講を、心からお待ち申し上げます。

 


 

特長1

カウンセリング経験豊富な講師陣(臨床心理士・精神保健福祉士・産業カウンセラーなど)が、傾聴に不可欠な「マインド」と「スキル」を徹底解説!

 

特長2

ロールプレイを重視し、毎回必ず行うことで、実践的な気づきが得られる!

 

特長3

若いビジネスパーソンから主婦、定年後のボランティアをお考えの方々まで、幅広い層の受講者が集う刺激的な講座を、お手頃価格で!

 


 

開催概要

 

プログラム内容・講座スケジュール(全6回):

第1回:傾聴とは何か(総論)

第2回:傾聴の技術1(聴く姿勢/あいづち/繰り返し 等)

第3回:傾聴の技術2(質問/感情の反射/要約 等)

第4回:傾聴の技術3(フィードバック/自己開示 等)

第5回:傾聴の技術4(総合演習を中心に)

第6回:傾聴とPHPの見方・考え方

*内容・順番については若干変更になる場合もあります。ご了解ください。

 

【京都開催】

第1回 2月 2日(土)

第2回 2月 9日(土)

第3回 2月24日(

第4回 3月 9日(土)

第5回 3月30日(土)

第6回 4月13日(土)

 

【東京開催】

第1回 6月 8日(土)

第2回 6月22日(土)

第3回 7月 6日(土)

第4回 7月20日(土)

第5回 8月 3日(土)

第6回 8月24日(土)

 

 

時間:

いずれも午後1時~4時30分

 

会 場:

【京都開催】

PHP研究所・京都本部

〒601-8411 京都市南区西九条北ノ内町11

(JR/近鉄「京都」駅八条口から徒歩約5分)

 

【東京開催】

PHP研究所・東京本部

〒135-8137 東京都江東区豊洲5-6-52 NBF豊洲キャナルフロント

(東京メトロ有楽町線「豊洲」駅6a出口から徒歩約8分)

 

受講料:

12,000円(6回分。「全国PHP友の会」正会員は10,000円)

(一括納入。いったん納入いただいた受講料はご返金できかねます)

 

対 象:

家族や友人など身近な人の話をしっかり聴けるようになりたい方、ビジネス・コミュニケーション(上司・部下、同僚同士、対顧客など)を円滑にしたい方、傾聴ボランティアに関心のある方など。

5回以上ご出席の方に修了証を発行します。

 

定 員:

京都・東京 各30名(先着順)

 

締 切:

【京都開催】2019年 1月21日(月)

【東京開催】2019年 5月27日(月)

(いずれも先着順。定員になり次第、受付終了)

 

omoushikomi.gif

 

※メール、FAX、郵送でもお申込みを受け付けております。以下の内容をご記入の上、下記受付までご連絡ください。

(1)希望会場名(京都または東京)

(2)お名前(ふりがなをつけてください)

(3)性別

(4)ご住所(郵便番号もお願いします)

(5)電話番号

(6)FAX番号(FAXでお申し込みの方)

(7)メールアドレス(アドレスをお持ちの方)

(8)「PHP友の会」会員番号(会員の方。KもしくはHから始まる7桁の番号です)

【任意項目】

(9)よろしければ受講動機をお教えください。

(10)差し支えなければご年齢層をお教えください。(20歳未満/20~30代/40~50代/60代以上)

(11) この講座を、何でお知りになりましたか。

 

<受付>

〒601-8411 京都市南区西九条北ノ内町11

PHP研究所 社会活動部「傾聴講座」係(担当・櫻井)

電話075-681-8731 FAX075-672-9134

メール SYAKAI@php.co.jp

 

受講された皆さんの声

 

傾聴受講生.png

 

・「ロールプレイによる実践の機会が多く、話すこと、聴くことをたくさん体験できてよかったです。笑顔で受け入れて聴いてもらえるのはとても嬉しいことであると、あらためて感じました」

・「毎回とても濃い内容で、演習もちょうどよく入っていて楽しめました。専門家の方々のお話を生で聴くことができ、質問もさせていただき、感謝しています」

・「講師の方が多様で、くり返し、少しずつ言葉を変えて、傾聴の大事なポイントや技法を教えていただけたため理解が深まり、よかったです」

・「非常に内容が濃くてよかったです。考え方が変わりつつあり、生活の上で“コミュニケーション”の大切さを実感しました」

・「自分の聴き癖が分かったことがとてもよかった。その癖を抑えるだけで、子供が以前よりたくさん話をするようになり、嬉しい限りです」

・「まったく意識したことのない考え方を学ぶことができました」

・「人生でこれほど自分と向き合え、相手と話せたことに感謝します」

・「大変刺激的な時間でした。人生が豊かになる武器をいただいた感じです」

・「他の受講者に触発されて、一所懸命取り組みました」

・「参加者間の話し合いで気づくことが多くありました」

傾聴は奥が深い。一番感じたのは“自分を知ること”の大切さです

・「PHPの“素直な心”に通じる、体験的な深い学びがありました

傾聴を1人でも多く学び、実践できれば、世の中はよくなるだろうと思いました」 等々

 

受講された皆さんは、本講座で学んだ「傾聴の心(マインド)と技術(スキル)」をご自分のお仕事や日常生活、またボランティア活動などに活かされています。

 

関心のある皆様のご受講を心よりお待ち申し上げます。

 

omoushikomi.gif

 

 


イベント 最新記事