沈没ニッポン再浮上のための最後の方法
発売日
2002年09月13日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-62419-8

軍学者が語る!
沈没ニッポン再浮上のための最後の方法

著者 兵頭二十八著 《軍学者》
主な著作 パールハーバーの真実』(PHP研究所)
税込価格 1,320円(本体価格1,200円)
内容 なぜ日本経済はこんなにダメなのか? なぜ諸外国にやられっ放しなのか? 軍学者が情け無用の経済闘争に生き残るための最後の手段を伝授!

経済をはじめとして、この国が低迷している理由は何か。バブル崩壊から10年以上経っても、いっこうに回復の兆しが見えないのは、なぜなのか?

 これまでは、エコノミストが中心になってこの問題を論じてきた。しかしGDPが何%とか、自己資本比率がどうとか、表層的な数字の議論に終始し、日本が諸外国との競争を「安全・安価・有利」に戦うためには何が必要か、といった議論はほとんど見られなかった。

 本書では、兵頭流軍学の真締である「対抗不能性」をキーワードに、経済、社会、軍事、文化、歴史など多岐広範にわたるフィールドで国家間闘争のイロハを語り、沈没寸前の「不景気ニッポン」がふたたび浮上するためのヒントを大いに語る。

 一読すれば、ややマニアックな雑学披露に面くらいながらも、その中には他では絶対に得られない情報が凝縮されていることを発見し、読者は幾度も膝を打つだろう。