人たらしの流儀
発売日
2013年03月01日
在 庫
在庫僅少
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-67958-7

人たらしの流儀

著者 佐藤優著 《作家、元外務省主任分析官》
主な著作 『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』『自壊する帝国』(以上新潮文庫)
税込価格 607円(本体価格552円)
内容 情報収集と分析、交渉のかけひき、人脈を広げるコツまで、外交の最前線で培われた「相手を意のままに動かす」究極の対人術を一挙公開!



 北方領土問題など対ロ外交の最前線で、情報(インテリジェンス)活動を行ってきた「知の怪人」が、対人術の要諦を大公開!

 「正しい情報を取るための二つのルール」「天に宝を積む」「人間として失ってはいけない大切な感覚」「相手についている『見えない値札』を見抜く」「オウム返し話法とお金の哲学」など、15のテーマを対話形式でわかりやすく解説。

 情報の収集、分析、読書術、交渉時のかけひき、お金との付き合い方、人脈を広げるコツから活かし方まで、具体的事例を交えながら、対人関係の中で自分の能力を高めるノウハウを伝授する。

 「ほんもののエリートとして必要とされる胆力は、人間関係によってしか鍛えることができない。そのための教科書として本書を活用してほしい」と著者は言う。

 自己のインテリジェンス能力を高め、相手の内在的論理をとらえる。そして相手を惹きつけ、意のままに情報を引き出し、活用する――この対人術はきっとビジネスでも役立つはずだ。