「人間嫌い」のルール
発売日
2007年07月13日
在 庫
品切れ
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-69361-3

「人間嫌い」のルール

著者 中島義道著 《哲学者、電気通信大学教授》
主な著作 <対話>のない社会』(PHP研究所)
税込価格 756円(本体価格700円)
内容 気難しい、ひねくれ者、病気……。自他の不誠実さが許せない過敏な心の持ち主が、蔑みの真っ只中で強く、よりよく生き抜くための指針。

「人はひとりでは生きていけない」。その言葉を錦の御旗に、表向きうまくやるのが「おとな」、できない人は病気と蔑む――他人を傷つけないという名目の下に、嘘やおもねりも正当化されるのが日本社会である。そんな「思いやり」の押しつけを「善意」と疑わない鈍感さ。「人間嫌い」は、そこに途方もない息苦しさを感じてしまう人なのだ。

 したくないことはしない、心にもないことは語らない。世間の掟に縛られずとも、豊かで居心地のよい人間関係は築ける。自分をごまかさず、本音で生きる勇気と心構えを与えてくれる一冊。

 【人間嫌いのルール】なるべくひとりでいる訓練をする/したくないことはなるべくしない/したいことは徹底的にする/自分の信念にどこまでも忠実に生きる/自分の感受性を大切にする/心にもないことは語らない/非人間嫌いとの「接触事故」を起こさない/自分を「正しい」と思ってはならない/いつでも死ぬ準備をしている etc.