反米経済
発売日
2008年09月12日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-70020-5

反米経済
凋落するアメリカに追随してはいけない

著者 門倉貴史著 《エコノミスト》
主な著作 『世界一身近な世界経済入門』(幻冬舎)
税込価格 1,620円(本体価格1,500円)
内容 米国経済が凋落しつつある。「米国依存型の経済構造からの脱却」=「反米経済」を、エコノミスト門倉貴史が鋭く主張する!

米国の世界経済における相対的な重要性が低下している。

 しかし、 日本は国内景気の悪化の原因をもっぱら米国経済に求め、いつものとおり「米国経済が回復すれば、国内景気も自然と持ち直す」といった安易で悠長な景気回復論を展開している。

 「米国一極集中時代」が終わろうとしているときに、手をこまねいて米国景気の回復を待っているようでは、日本経済はどんどん力を失っていくだろう。

 「米国依存型の経済構造からの脱却」=「反米経済」を、エコノミスト門倉貴史が鋭く主張する!

 

 [本書のおもな収録内容]はじめに なぜ、いま反米経済なのか?/第一章 終わりを告げる「米国一極集中時代」/第二章 「多極化」に突入する世界経済/第三章 米国に反旗を翻す国々/第四章 「米国依存症」にかかった日本経済が抱えるリスク/…