死んだのか、信長
発売日
2017年01月06日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76664-5

死んだのか、信長
本能寺の変異聞

著者 岩井三四二著 《作家》
主な著作 とまどい関ヶ原、難儀でござる』(PHP研究所)
税込価格 814円(本体価格740円)
内容 本能寺の変勃発! この驚天動地の事態に、重大な決断を迫られた信長の息子、家臣、敵将たちの姿を共感たっぷりに描いた傑作短編集。

本能寺の変で信長さまが――これはピンチか、はたまたチャンスか!?

  天正十年(一五八二)六月、驚天動地の事態に右往左往する信長の息子・信孝、家臣・滝川一益と堀久太郎、敵将・安国寺恵瓊、側室・おなべ……。

 思わぬ出来事に接した時ほど、人間の本性はさらけ出されてしまうもの。

 大きな岐路を前にとまどう男たち、女たちを温かい視点で描いた、共感たっぷりの連作短編集。

 『とまどい本能寺の変』を改題。