やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人
発売日
2017年11月01日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
品切れ
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76785-7

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人

著者 ケント・ギルバート著 《米カリフォルニア州弁護士、タレント》
主な著作 まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(PHP研究所)
税込価格 778円(本体価格720円)
内容 自虐史観を克服したとき、初めて日本は“戦後”から真の脱却ができる。今なお続く反日プロパガンダの正体を、知日派・米国人が明かす!

「侵略国家、日本」という自虐史観を、戦争に敗れた日本人の心に強く植えつけたGHQ(連合国軍総司令部)の洗脳工作――。

 本書は、占領軍が去った後も日本を貶めつづける“プロパガンダ戦略”が、反日メディアや諸団体、近隣諸国によって引き継がれた実態を明かす。

 「外国勢力と結託する野党の『正体』」「日本は自主憲法を制定すべきである」「アメリカは永遠の『トモダチ』ではない」など、ますます混沌とする国際情勢の中で、日本の“真の目覚め”を望む知日派米国人からの熱いエール。

 自虐史観を克服したとき、初めて日本は“戦後”から真の脱却ができる。

 【目次】

 第一章 GHQに代わって戦後日本を貶めてきた勢力

 第二章 日本には反日メディアが多すぎる

 第三章 日本はもう韓国に対して余計な気を遣う必要はない

 第四章 中国による「人民大虐殺史」を世界記憶遺産に推薦しよう

 第五章 混沌とする国際情勢に対して、日本が持つべき心構え