本当にあった? 恐怖のお話・怪
発売日
2018年02月20日
在 庫
在庫あり
判 型
B6判変型並製
ISBN
978-4-569-78741-1

本当にあった? 恐怖のお話・怪

著者 たからしげる編 《児童文学作家》
主な著作 本当にあった? 世にも不思議なお話』、『本当にあった? 世にも奇妙なお話』、『本当にあった? 世にも不可解なお話』(PHP研究所)
税込価格 1,080円(本体価格1,000円)
内容 児童文学界で活躍中の著名作家10名による短篇アンソロジー。「悪夢」や「呪い」など、自身が体験した恐怖の出来事を物語にした一冊。

児童書界の第一線で活躍している十人の著名作家が、身のまわりで「本当にあった恐怖」の出来事をもとに書き下ろした十のお話。その作風は大きく二つに分かれます。一つは、「本当にあった」ことをもとに作家としての想像力をさらに加えて、一つの物語に仕上げたものです。もう一つは、作家自らが体験したり見聞きしたりしたさまざまな種類の恐怖の出来事を、そのまま紹介したものです。本書のキーワードは「怪」。日常ではありえない、思いもよらない出来事の連続です。そうした、すぐには理由のわからない怪しさを感じさせるような十編の物語。山本悦子『一番恐ろしいのは……』/緑川聖司『戻らずの森』/堀米薫『黒いビー玉』/たからしげる『長い沈黙』/藤咲あゆな/『まぶたが落ちるのよ』/樫崎茜『トリプル☆絶叫コースター』/藤真知子『九十九樹』/北川チハル『パニック』/立原えりか『小指姫の小指』/塩野米松『がい骨がボートに乗っている』