本当にあった? 恐怖のお話・闇
発売日
2018年02月20日
在 庫
在庫あり
判 型
B6判変型並製
ISBN
978-4-569-78740-4

本当にあった? 恐怖のお話・闇

著者 たからしげる編 《児童文学作家》
主な著作 本当にあった? 世にも不思議なお話』、『本当にあった? 世にも奇妙なお話』、『本当にあった? 世にも不可解なお話』(PHP研究所)
税込価格 1,080円(本体価格1,000円)
内容 児童文学界で活躍中の著名作家10名による短篇アンソロジー。「悪夢」や「呪い」など、自身が体験した恐怖の出来事を物語にした一冊。

児童書界の第一線で活躍している十人の著名作家が、身のまわりで「本当にあった恐怖」の出来事をもとに書き下ろした十のお話。その作風は大きく二つに分かれます。一つは、「本当にあった」ことをもとに作家としての想像力をさらに加えて、一つの物語に仕上げたものです。もう一つは、作家自らが体験したり見聞きしたりしたさまざまな種類の恐怖の出来事を、そのまま紹介したものです。本書のキーワードは「闇」。いくら目をこらして見ようとしても、先に何があるかわからない暗い闇を想起させるような十編の物語。山下美樹『社会科室の女の子』/寮美千子『ねがいごと―信貴山戒壇巡り』/那須田淳『のんだらいけません』/長崎夏海『あらしの中のヒィーヌムン』/村上しいこ『せつこさん』」/倉橋燿子『サイレントコール』/廣嶋玲子『秘密だよ』/濱野京子『ぼくが動物を飼わないわけ』/二宮由紀子『日曜日のUFO』/令丈ヒロ子『それは考えてはいけない』