日本人として知っておきたい外交の授業
発売日
2012年08月10日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
四六判変型並製
ISBN
978-4-569-80599-3

日本人として知っておきたい外交の授業

著者 中西輝政著 《京都大学名誉教授》
主な著作 日本人が知らない世界と日本の見方』(PHP研究所)
税込価格 1,650円(本体価格1,500円)
内容 松下政経塾生への白熱講義を完全収録。なぜ平成の政治改革は「維新ごっこ」に終わるのか、「保守のプラグマティズムは何か」を教える。

日本が敗戦し、あと数年で「戦後七十年」を迎える。つまりあと三十年、一世代で、日本がGHQに憲法や歴史観を奪われてから「百年」を迎えてしまう、ということだ。いま日本外交は諸国から「国土盗り」を画策される有り様で、茫然と立ち尽くすのみである。政治家だけではない。いま日本人全体が自信をなくし、心をなくし、力を失っている。この衰弱はどこから来るのか。かつて「天皇なくして国家なし」と悟ったリーダー、吉田茂は、アングロサクソンの圧迫をもろともせず、マッカーサーにも軍国主義にもブレなかった。それは彼の信じる国体、天皇が神話と直結した長大な歴史を持っており、吉田に絶対の自信と信念を植えつけていたからである。このバックボーンを身につければ、たとえ外交の相手がどの国の誰であろうと、臆することなく向き合うことができる。神話と国体を知ること、これこそが本当の「外交の授業」である。松下政経塾の白熱授業を完全収録。