子どもの問題 いかに解決するか
発売日
2013年01月15日
在 庫
在庫僅少
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-81002-7

子どもの問題 いかに解決するか
いじめ、不登校、発達障害、非行

著者 魚住絹代
岡田尊司監修
主な著作 『女子少年院』(角川Oneテーマ21)
税込価格 842円(本体価格780円)
内容 いじめ、不登校、発達障害、家庭内暴力……教育現場が手に負えなくなった「子どもの問題」を解決してきた専門家のノウハウとは?

「いじめ」や「発達障害」に代表される子供の問題は、ますます難しさを増しつつある。希薄化する人間関係等によって、これまでの経験則や常識が通用しなくなったのだ。熱意をもって関わるほど状況は悪化していく。どのように介入し働きかければ、よい結果につながるのか?

 本書は大阪の小中学校の現場で実際に問題を解決に導いた貴重な経験の数々を一冊にまとめたもの。行き詰まった解決困難なケースでも、9割以上で改善が見られたという。ポイントの一つは、本音が言える関係をいかに築くことができるか。子どもの問題は、しばしば家庭や周囲の問題を映し出している。

 第一章「子どもは変わる」、第二章「見立てる技術」、第三章「抵抗を突破する技術」、第四章「不登校の子どもへの対応」、第五章「いじめへの対応」、第六章「発達障害の子どもへの対応」、第七章「非行の子どもへの対応」