「戦略力」が身につく方法
発売日
2013年09月18日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-81294-6

「戦略力」が身につく方法
「現場を動かす力」とは何か

著者 永井孝尚著 《元日本IBMマーケティング・マネジャー》
主な著作 『100円のコーラを1000円で売る方法』(中経出版)
税込価格 924円(本体価格840円)
内容 ライバルは追うな、価格は下げるな、戦略策定は完璧にするな。日本IBMで数多くの戦略立案・実施に携わった著者が明かす戦略プロフェッショナルの心得。

本書は、外資系企業に30年間勤務し、ビジネスの現場で戦略構築と実践をしてきた著者が著す、実務で役立てるための戦略の実践書である。著者の現場での経験を主体に、マーケティング理論や経営理論に基づいて書かれている。いかに理論に基づいてきれいな戦略や企画を立てても、それだけでは意味はない。戦略や企画は、実行され成果を上げて、はじめて価値を生み出す。そのためには、日本企業の強みである「徹底した現場主義」で「顧客中心主義」を推進することが必要だ。しかし現代の日本では、「顧客中心主義」はいつの間にか顧客の言いなりになる「顧客絶対主義」に置き換わり、「徹底した現場主義」は「戦略なき迷走」に陥っているのが現実だ。そこで本書はビジネスパーソンの目線で、「顧客中心主義」に基づいた戦略力を身につけ、日々の現場で実践していくための考え方を紹介している。一人一人が主体的に戦略を考え、現場が「顧客中心主義」で戦略的に動けば、ビジネスは大きく成長する。本書は、戦略を考え、現場を動かし、成果を出そうと日々苦闘している全てのビジネスパーソンに役立つ本だ。