天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか
発売日
2017年12月15日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-83728-4

天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか
変わらぬ皇統の重み

著者 竹田恒泰著 《作家》
主な著作 旧皇族が語る天皇の日本史』(PHP研究所)
税込価格 994円(本体価格920円)
内容 「戦前は神権主義政治だった」という通説のウソを暴く! 帝国憲法から日本国憲法へ。「天皇と日本」のかたちを考察した問題提起の書。

構想10年! 天皇陛下の譲位を前に書き上げた渾身の作。
●帝国憲法下で天皇は「万能の主権者」だったのか? 
●戦前に民主主義はなかったのか? 
●GHQは日本の政治体制をどう見ていたのか? 
●戦後、天皇の役割と日本の国のあり方は大きく変わったのか? 
●日本国憲法は帝国憲法と根本的に異なるのか?

 本書では、帝国憲法を丹念に読み解き、日本国憲法との比較を行いながら、タブー視された「事実」を発掘し、定説を根本から覆そうと試みる。近代国家の成立以降の150年。明治、大正、昭和、平成にわたり連綿と続く「この国のかたち」を明示する書。

 憲法学者、小林節・慶應義塾大学名誉教授との「白熱対談」収録。シリーズ累計100万部突破の記念作。