入門 「女性天皇」と「女系天皇」はどう違うのか
発売日
2020年03月17日
在 庫
在庫あり
判 型
B6判変型並製
ISBN
978-4-569-84683-5

入門 「女性天皇」と「女系天皇」はどう違うのか
今さら人に聞けない天皇・皇室の基礎知識

著者 竹田恒泰
谷田川惣著
主な著作 <竹田・主な著作>『天皇は「元首」である 』(産経新聞出版)
税込価格 1,430円(本体価格1,300円)
内容 愛子さまに即位してほしい人が70%! だからこそ知っておきたい、皇位継承と女性の歴史。次代を担う二人が、熱く説きます。

平成から令和へと時代が変わり、皇位継承問題、特に女性天皇への関心が高まるなか、「愛子さまが天皇になれないのはおかしい」と思っている人は多い。

 世論調査では、「女性天皇」に賛成する人が70~80%。一方で、「女系天皇」の意味がよくわからないという声は90%を超える。賛成、反対を議論する前に、まずは最低限知っておきたい「女性天皇」と「女系天皇」の違い。そして、現在議論となっている「女系天皇」と「女性宮家」にはどのような反対意見があり、なにが問題となるのか。

 明治天皇の玄孫にあたる作家・竹田恒泰氏と、政治哲学が専門の評論家・谷田川惣氏――本書では、両者による対談と谷田川氏による論考の2部構成で、議論のポイントをわかりやすく解き明かす。

 今後の皇位継承について、日本人の教養として読んでおきたい必読書。