寝る前に見るだけで近視・老眼がよくなる魔法の写真31
発売日
2018年09月18日
在 庫
在庫あり
判 型
B5判変型並製
ISBN
978-4-569-84024-6

寝る前に見るだけで近視・老眼がよくなる魔法の写真31

著者 本部千博監修 《眼科医》
主な著作 老眼は「脳のトレーニング」で回復する』(PHP研究所)
税込価格 1,404円(本体価格1,300円)
内容 31日分の迷路や間違いさがし、遠近写真などを使って目の筋肉を動かすことで、疲れ目・ドライアイなどの眼精疲労を和らげる一冊。

近視や老眼など、眼のトラブルにお悩みの方へ。視力の低下は、実は血流不足が原因です。血流が悪くなると目に酸素や栄養が届かなくなり、本来の力が生かせなくなります。カギを握るのは「毛様体筋」と「外眼筋」。つまり、筋肉の力なのです。本書で紹介する「迷路」「間違い探し」「遠近写真」などで目を動かすことにより、これらの筋肉を鍛えて血行を促進させましょう。しかし、毎日続けることができなければ、意味がありません。そこで、カレンダーのように日替わりで31日繰り返して使えるようなプログラムにしています。寝る前に、必ず裸眼の状態で行ないましょう。矯正視力ではなく、あなたの本来の目の力を鍛えるためです。数秒でできるものから8分ほど時間をかけて行うものまで、毎日飽きずに続けられるトレーニングを掲載。さらに、ツボ押しなど、トレーニングに合わせて行ないたい情報も満載です。