オウム死刑囚 魂の遍歴
発売日
2018年12月11日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-84137-3

オウム死刑囚 魂の遍歴
井上嘉浩 すべての罪はわが身にあり

著者 門田隆将著 《ノンフィクション作家》
主な著作 死の淵を見た男』、『日本、遥かなり』(PHP研究所)
税込価格 1,944円(本体価格1,800円)
内容 「修行の天才」と呼ばれた井上嘉浩。真面目な少年がいかにオウムに堕ち、悔悟の果てに「いのちの真実」に目覚めたか。魂を震わす書。

遺された「獄中手記」5000枚が明かす驚愕の真実――。

 想像を絶する犯罪を繰り広げ、多くの犠牲者を生んだオウム真理教。若者たちは、いかにこの教団に魅入られ、なぜ事件に走ってしまったのか。教団で見たものとは。そして獄中の絶望と反省の日々の中で辿り着いた境地とは――。

 本書は、「修行の天才」「神通並びなき者」と呼ばれ、教団の“諜報省長官”を務めた井上嘉浩の48年の生涯を通して、オウム事件の核心に迫った「究極の人間ドラマ」である。

 なぜ、井上嘉浩なのか――。井上への取材は、オウム事件当時(1995年)にさかのぼる。『週刊新潮』のデスクだった著者に刑事が語った、「いざというときに、井上は殺人から“逃げている”」という言葉から始まったのだ。

 高校生の頃から瞑想や信仰に熱心だった井上嘉浩は、ふとしたきっかけでオウムに出会い、巧みに洗脳され、はまり込んでいく。だがやがて、教祖・麻原から死に直面するほどの様々な苛烈な扱いを受け、苦悩と葛藤の果てに、遂に犯罪に手を染める……。

 逮捕後、両親との交流をきっかけに良心を取り戻した井上は、オウム幹部のなかでは最初期に教団から脱会し、裁判では、教祖や教団と対決する。だがその結果、四面楚歌の境涯に置かれることにもなった。

 井上嘉浩が遺した手記と、膨大な取材から浮かび上がってくるのは、誰もが闇に落ちかねない恐ろしさである。だからこそ、「極限の状況下で、人間としていかに生きるべきか」という問いが眼前に浮かび上がり、心が揺さぶられる。

 カルトの悲惨な事件を二度と引き起こさないためにもぜひ手に取りたい、人間の心の深奥に迫る傑作ノンフィクション。