「吉田調書」を読み解く
発売日
2014年11月12日
在 庫
在庫あり
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-82349-2

「吉田調書」を読み解く
朝日誤報事件と現場の真実

著者 門田隆将著 《ノンフィクション作家》
主な著作 死の淵を見た男』(PHP研究所)
税込価格 1,404円(本体価格1,300円)
内容 「所長命令に違反、所員の9割撤退!?」。『朝日』はなぜ日本人を貶める「虚報」を流したのか? 吉田調書と原発事故の「真実」が明らかに!

福島第一原発の吉田昌郎所長が、「政府事故調」の聴取に答えた記録「吉田調書」。それを独占入手した朝日新聞が、「所長命令に違反、所員の9割が撤退」と大々的に報じたのは、2014年5月20日のこと。だが、それはあまりにおかしな記事だった。吉田氏本人や現場の人々に取材して『死の淵を見た男』を上梓した著者は、「誤報だ」と声を上げる。すると朝日新聞は「法的措置を検討する」と抗議。以後、両者の闘いは続いてきた。

 しかし8月、各紙が「吉田調書」を入手して「命令違反なし」と報道。さらに9月11日に政府が「吉田調書」全文を公開するにおよび、遂に朝日新聞は社長の謝罪会見と、編集幹部の退陣に追い込まれたのであった。

 本書では、誤報事件の核心に何があったのかを当事者である著者自身が徹底追及。さらに、膨大かつ専門的な「吉田調書」の重要部分を読み解き、「全員撤退問題」から「官邸・東電本店と現場の対決」「津波対策」まで、真実をすべて解き明かす!

 第一章:朝日新聞の「吉田調書」報道

 第二章:謝罪会見

 第三章:全電源喪失

 第四章:ベントの死闘

 第五章:海水注入をめぐる攻防

 第六章:部下たちへの感動

 第七章:“東日本壊滅”の真実

 第八章:「全員撤退」問題の決着

 第九章:現場は何と闘ったのか

 第十章:津波対策と新聞報道

 第十一章:吉田調書が残した教訓