認知症は脳より賢い腸を鍛えてくいとめる!
発売日
2019年05月22日
在 庫
在庫あり
判 型
A5判並製
ISBN
978-4-569-84501-2

認知症は脳より賢い腸を鍛えてくいとめる!

著者 藤田紘一郎著 《東京医科歯科大学名誉教授》
主な著作 『脳はバカ、腸はかしこい』(三五館)
税込価格 1,320円(本体価格1,200円)
内容 認知症予防のカギを握るのは「腸」だった! 腸内環境の悪化が及ぼす脳への影響を解説し、腸を整えるためにすぐ実践できるコツを紹介。


●脳のサビつきを防ぐカギは「腸内細菌」だった! 
●アルツハイマー型認知症の発症と腸内細菌の深い関係って?

 脳細胞の衰えを防ぎ、働きを向上させる要である「免疫力」の約70%は「腸」で築かれているのです! 食事の工夫やエクササイズなど、誰でも簡単に腸を鍛えられるコツを腸専門医が伝授します。

 【著者より】認知症というと、「脳」の病気と考えがちですが、認知症を予防するなら「腸を鍛える」ことにつきます。脳の母ともいえる臓器である腸は脳の司令がなくても体をコントロールすることができ、免疫防御や解毒など、さまざまな働きによって私たちの体を守ってくれているのです。アルツハイマー型認知症を発症した人の腸内細菌の数は、発症していない人に比べて少ないことが最近わかってきています。生命をコントロールしている腸を鍛えれば、結果的に脳も元気になります。脳の健康のためにも、まずはぜひ腸をこそ鍛えましょう。