メンヘラの精神構造
発売日
2020年06月16日
在 庫
在庫あり
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-84715-3

メンヘラの精神構造

著者 加藤諦三著 《社会学者》
主な著作 悩まずにはいられない人』(PHP研究所)
税込価格 968円(本体価格880円)
内容 あの人はなぜ扱いづらいのか――繊細で傷つきやすくナルシシズムに悩む、日本独特の「メンヘラ」が生まれた背景を社会学者が解説。

メンヘラとは、メンタルヘルスを略した言葉に由来する。

 人は成長の過程で、心理的課題を解決しながら生きている。子供の頃から両親をはじめ周囲から否定された経験を重ね、問題をどう乗り越えるかを考え、人生で何度も経験する葛藤と戦ううちに自分の長所、固有の素晴らしさに気づく。

 しかし、その葛藤を避けて解決しようとせず、それゆえに人間関係のあらゆる場面で問題を起こす人たちがいる。本書はこのメンヘラと呼ばれる人びとの精神構造に焦点を当てることで、「誰もわかってくれない」という心理の根本にある被害者意識とナルシシズムを分析、解説する。