鯖猫長屋ふしぎ草紙(九)
発売日
2020年12月08日
在 庫
在庫なし
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-90079-7

鯖猫長屋ふしぎ草紙(九)

著者 田牧大和著 《作家》
主な著作 鯖猫長屋ふしぎ草紙』(PHP研究所)
税込価格 836円(本体価格760円)
内容 伝説の盗賊一味が現れた。画描きの拾楽が危ない! にもかかわらず、サバの大将は動かない? 江戸が舞台の謎解き人情ばなし第九弾。

 根津権現にほど近い「鯖猫長屋」に、隻眼の盗賊「鯰の甚右衛門」が姿を現す。牢屋敷を出た甚右衛門は蘭方医になりすまし、再び仕事を始めるために必要な相棒を探していた。

 狙いは、長屋を“仕切る”猫サバの飼い主で、もとは独り働きの盗人だった画描きの拾楽だ。

 ところが、悪の道に引き戻されそうになっている主を横目で見つつも、サバは動かない。拾楽の運命は?

 そんな折、歌舞伎役者の卵が長屋に転がり込み、涼太の部屋には座敷童まで現れる。長屋の面々をも巻き込んだ怪事件に拾楽、そしてサバの大将は――。

 猫好きの心に火をつけ、累計36万部超えの人気シリーズ最新巻。江戸を舞台にした謎解き&人情ばなし第九弾。文庫書き下ろし。