鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙(八)
発売日
2020年03月05日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-90008-7

鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙(八)

著者 田牧大和著 《作家》
主な著作 鯖猫長屋ふしぎ草紙 』(PHP研究所)
税込価格 836円(本体価格760円)
内容 長屋のおてるが可愛がっている太市が事件に巻き込まれる。長屋を“仕切る”猫・サバはその時――。謎と人情溢れる人気シリーズ第8弾!

長屋で一番いばっている猫のサバが、あやかし退治!?

 「鯖猫長屋」の家主で、饅頭屋を営むお智の様子がおかしいことを聞きつけた画描きの拾楽は、頼りになる猫サバを連れて店に出向く。

 ところが、不気味な白い鴉が現れて、それを見たサバは逃げ出してしまう。"江戸で最強の猫"を怖れさせた白い鴉の正体とは。

 一方、「二キのご隠居」の世話をしている少年・太市が、お智の店に行ったまま行方不明になっていることが明らかになる。太市は事件に巻き込まれたのか、それとも――。

 ぼんくら猫になってしまったサバは、白い鴉に再び立ち向かうことができるのか。「鯖猫長屋」に忍び寄る魔の手に、拾楽と長屋の面々は?

 根津宮永町が舞台の「大江戸謎解き人情ばなし」第八弾。

 文庫書き下ろし。