文蔵2021.10
発売日
2021年09月14日
概ね、この2日後に書店店頭に並びます
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-90156-5

文蔵2021.10

著者 「文蔵」編集部編
税込価格 825円(本体価格750円)
内容 【特集】『月と日の后』刊行記念 冲方丁25年の歩み【連載小説】あさのあつこ「おいち不思議がたり 夢路篇」/諸田玲子「麻阿と豪」/下村敦史「ガウディの遺言」/村山早紀「桜風堂夢ものがたり」/中山七里「越境刑事」/朝井まかて「朝星夜星」/宮部みゆき「きたきた捕物帖」ほか

【特集】『月と日の后』刊行記念
●冲方丁25年の歩み インタビュー冲方丁

 歴史の「なぜ」に対する最適解を求める

 【ブックガイド】ライトノベル、SFから歴史小説、国際サスペンスまで

 多ジャンルを横断する不世出の作家の軌跡…友清 哲

 後のSF作品にも通底する初期タイトル

 『マルドゥック・スクランブル』の衝撃

 『天地明察』で歴史小説の分野に進出

 冲方丁最新刊『月と日の后』の世界

 【連作短編】東川篤哉 大山鳴動して跳ね馬一頭

 ある家から跳ね馬の形のオブジェが盗まれ、陽子たちは犯人を捜す。

 【連載小説】
●あさのあつこ おいち不思議がたり 【夢路篇】5 浦之屋の主人が怪我をする。応急手当を施すおいちに対し、番頭は……。
●諸田玲子 麻阿と豪6 醍醐の花見以降、体調を崩した秀吉は、麻阿を離縁すると言い出した。
●下村敦史 ガウディの遺言6 志穂は、「ガウディの幻の設計図」の在りかを示す暗号を解こうとする。
●村山早紀 灯台守(前編) 桜風堂夢ものがたり9 「会いたい人に会える」奇跡の噂がある峠。一整が思い浮かべるのは。
●中山七里 越境刑事10 中国公安に襲撃・拘束された冴子を救出するため、郡山が奔走する。
●朝井まかて 朝星夜星20 家出していた娘のきんが腹を括り、料理人・米三郎との結婚を承諾する。

 【話題の著者に聞く】
●大山淳子『猫弁と鉄の女』 日常を誠実に生きている人々の姿を描いていきたい
●波木 銅『万事快調〈オール・グリーンズ〉』 誰かに“きっかけ”をあたえる作家になりたい
●岩井圭也『水よ踊れ』 香港という“場所”に書かせてもらった