• HOME
  • ニュース
  • 『煙のようになって消えていきたいの』発刊記念  斎藤明美さんトーク&サイン会【2月26日・東京】

ニュース
  •  
  •  


『煙のようになって消えていきたいの』発刊記念  斎藤明美さんトーク&サイン会【2月26日・東京】

煙のようになって消えていきたいの 高峰秀子が遺した言葉』の発刊を記念し、著者 斎藤明美さんのトーク& サイン会が開催されます。(主催:八重洲ブックセンター/協賛:PHP研究所)

 

煙のようになって消えていきたいの

 

日時:

2018年2月26日 (月)

19時00分~(開場:18時30分)

 

会場:

〒104-8456 東京都中央区八重洲2-5-1

八重洲ブックセンター本店 8F ギャラリー

(JR東京駅 八重洲南口/東京メトロ銀座線京橋駅 7番出口)

 

参加人数:

50名(申し込み先着順)

※定員になり次第、締め切らせていただきます。

 

申込方法;

八重洲ブックセンターにて対象書籍『煙のようになって消えていきたいの』(本体1400円+税)をご購入のお客様に、1Fカウンターにて参加整理券をお渡しいたします。(参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。)

 

お電話によるご予約も承ります。(電話番号:03-3281-8201)

 

※対象書籍のご購入はイベント当日でも構いません。

 

【著者紹介】

斎藤明美(さいとう・あけみ)

1956年、高知県生まれ。津田塾大学卒業後、高校教師、テレビ構成作家を経て「週刊文春」の記者を20年務め、2006年フリーに。1999年、処女小説「青々と」で日本海文学大賞奨励賞受賞。記者時代から松山善三・高峰秀子夫妻と交遊があり、2009年、養女となる。著書に『高峰秀子の流儀』(新潮社)、『高峰秀子の引き出し』(マガジンハウス)、『高峰秀子が愛した男』(河出書房新社)、『高峰秀子 解体新書』(PHP研究所)など多数がある。


イベント 最新記事