工藤建設株式会社 代表取締役 工藤 英司 様

 2016年、創業50周年を迎えられた工藤建設様。1966年に浄化槽工事の会社として第一歩を踏み出し、横浜市の宅地開発拡大にしたがって建設・土木事業へと躍進。1997年には東京証券取引所第二部への上場を果たすなど、地域とともに発展を遂げてこられました。企業活動の根底にあるのは、「地域に必要とされる企業でありたい」という思い。地元の方々やお客様との絆を深める一環として、また社員教育の一助として、2009年から『PHP』をご活用されています。

 代表取締役・工藤英司様に、『PHP』のさまざまな活用法についてうかがいました。

 

お客様から強く必要とされる会社をめざして!

kudoukennsetu-2.jpg

 社長の工藤英司様

 

Q 工藤建設様は現在、建設事業にとどまらず幅広いフィールドで地域に貢献されているそうですが、まずは事業内容についてお聞かせください。

A 当社事業には、街をつくる建設事業、街に暮らす人の住まいをつくる注文住宅事業、 建物のメンテナンスを行う建物管理事業、そして、 安心の暮らしを提供する介護事業があります。 いずれも人生のさまざまなステージを支える生活舞台の創造です。
介護事業は創業者のたっての希望で、2003年の介護施設開所から始まりました。当時、建設会社が介護事業を手がけること自体非常に珍しく、社内から反対の声もあがったほどです。

Q 今でこそ当たり前ですが、業界に先駆けた先見の明がおありだったのですね。

A 創業者には、長年お世話になったお客様や地域の皆様に恩返しをしたいという強い願いがありました。ご高齢になられた方々に、人生の最後まで幸せに暮らせる場を提供したい――という思いが出発点ですが、土地活用という点においてもオーナー様の相続対策などで役立ちますし、もちろん地域貢献の一助にもなります。おかげさまで今では、経済誌の介護施設ランキング上位に取り上げられるほどになりました。

Q まさに、「地域に必要とされる企業」を多方面から具現化されているわけですね。

A 地元・横浜市への感謝の気持ちを企業活動以外でもお返ししていきたいと、さまざまなボランティア活動にも取り組んでいます。具体的には、2005年から社員による本社近隣および港北ニュータウン営業所周辺の清掃を開始。2013年には横浜市より「横浜環境行動賞」を受賞しました。現在は、横浜市の認定ボランティア団体「ハマロード・サポーター」の一員として清掃を行なっています。また、「フラワーネックレス青葉2017」にも参加して、本社前にプランターを飾っています。

★kudou③purannta.JPG

「ハマロード・サポーター」のプランターが横浜の街を彩る 

 

毎月届く『PHP』でファンづくり

Q 『PHP』の配付も、地域貢献の一環として開始されたとか。

A 『PHP』はショートストーリーで構成されていて読みやすく、とりわけご高齢の方の心に響く内容の記事が多いように思います。オーナー様はご高齢の方が多数いらっしゃるので、まずは当社の「賃貸経営オーナー会」のメンバー様に定期配送させていただきました。
そちらが好評だったので、当社介護施設の共有スペースに数冊ずつ設置したり、建物管理をしているテナント様などにもプレゼントの輪を広げていきました。住宅を新築されたお施主様へのプレゼントや、イベント来場者様への記念品などとしても重宝しています。

Q ご反響はいかがですか。

A 親しみやすいのに、心の奥深くまで入ってくる内容で感動すると喜んでくださる方が多いですね。現在では、毎月巻頭に当社オリジナル記事4ページを綴じ込んだ特別版を配付しているのですが、旧知の担当社員が登場すると、さらに身近に感じていただけるようです。この記事があると、初めての方にも受け取っていただきやすいですし、月刊誌で毎月定期的に届くという点も、当社のファンづくりにひと役買っているように思います。

Q 社内ではどのようにご活用されているのでしょうか。

A ビジネスの観点から見ても、精神論から生活記事などのハウツーまで、手軽な雑誌にとどまらない教養書として十分に活用できます。よく聞くのは、朝礼やミーティングのワンポイントとして活用しているという声です。「あの記事読んだ?」「この記事はうちの経営理念に合うよね」などと、『PHP』談義に花が咲いていますよ。

Q ありがとうございます。工藤建設様は、従業員満足(ES)にも力を入れていらっしゃるそうですね。

A 新しい活動として、昨年末に初めてグループ企業独身男女の交流会を開催しました。60名の若手社員が部署や会社の垣根を超えて集い、絆も深まったようです。
福利厚生としても先駆的な取り組みですが、「新しいことにチャレンジする」という創業以来の姿勢が、やがて目に見えない財産となることは間違いありません。何事も「継続は力なり」。地域貢献も『PHP』配付も、継続することで初めて価値が生まれます。今後も、地域と当社をつなぐ架け橋として活用していきたいですね。

kudoukennsetu4.JPG

若手社員の熱気で大いに盛り上がった工藤グループ交流会 

 

 

インタビューにご協力いただいた工藤建設様、ありがとうございました。

※企業名、お役職は、取材当時のものです。

 

【会社概要】

社 名  工藤建設株式会社

設 立  1966年1月

業 種  建設、注文住宅、建物管理、介護

代表者  代表取締役 工藤英司 様

社員数  455名

所在地  神奈川県横浜市青葉区

U R L   http://www.kudo.co.jp/

 

記事作成日:2018年2月2日

 

まずは見本誌&資料請求を!

「PHP」誌 ご活用制度の詳細はこちら