「五歳児の大人」とそのまわりの人のための心理学
発売日
2000年10月05日
在 庫
在庫なし
判 型
四六判上製
ISBN
978-4-569-61311-6

「五歳児の大人」とそのまわりの人のための心理学

著者 加藤諦三著 《早稲田大学教授》
主な著作 本当は病んでいる「幸せな家族」』(PHP研究所)
税込価格 1,375円(本体価格1,250円)
内容 この世の中には、子供のままで大人になってしまった人があまりに多い。まわりの人々を振り回し、本人も辛い「五歳児の大人」たちへの励ましエッセイ。

子どもの心のまま、大人になってしまった人は生きるのが辛い。なぜなら、五歳の子どもに三十歳のビジネスマンの生き方をさせているようなものだからだ。心理的に健康に大人になった人が、何気なく送る日常が、「子どもの心のままの大人」、すなわち「五歳児の大人」には、重たい。できれば、何の責任も負わず、ちやほやされて生きていたいからだ。

 一方、「五歳児の大人」を上司や親や恋人や配偶者にもってしまった人も、辛くなる。彼らの親や恋人や上司は、子どもを育てることから逃げたい父親だったり、いつまでも責任をとろうとしない恋人だったり、頼りがいのない、人望のない上司だったりする。

 本書は、この「五歳児の大人」と「そのまわりの人」が、どうしたら幸せになれるか、どうしたら、真の大人になれるかを伝えた一書である。

 自分自身も「五歳児の大人」だったという加藤諦三氏の筆は、暖かく、励まされる。