不幸論
発売日
2002年10月15日
在 庫
在庫なし
判 型
新書判
ISBN
978-4-569-62459-4

不幸論

著者 中島義道著 《電気通信大学教授》
主な著作 『働くことがイヤな人のための本』(日本経済新聞社)
税込価格 726円(本体価格660円)
内容 蔓延する幸福教。だが本当はどんな人生も不幸である……。この理不尽極まりない真実を自覚して生きることを勧める、世界で初めての不幸論。



 「幸せになろうね」「私はほんとうに幸せ者です」……。世に蔓延する「幸福でありたい症候群」。だがその幸福感は、他人の不幸や「死」の存在を「知らないこと」「見ないこと」で支えられている。

 本書では、古今東西溢れる「幸福論」とその信者たちの自己欺瞞を鋭く指摘。さらに「他人(自分)を傷つけないために真実より嘘を語ること」を優先する特殊日本的幸福論者の傲慢さ、怠惰さを赤裸々にする。

 著者は、長年の哲学的考察の果てに――どんな人生も不幸である――という結論に辿りつく。この恐ろしく理不尽な「真実」をトコトン見すえて不幸に留まってはどうか。そのほうが「よく生きる」ことができるのではないか、と提案。

 <目次>第1章・幸福のための条件 第2章・さまざまな幸福論 第3章・幸福がもたらす害悪 第4章・相対的不幸の諸相 第5章・「死」という絶対的不幸 第6章・自分自身の不幸を生きる

 著者の人生哲学が凝縮した、世界初の「不幸論」。