海峡を往還する神々
発売日
2010年03月01日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-67403-2

海峡を往還する神々
解き明かされた天皇家のルーツ

著者 関裕二著 《歴史作家》
主な著作 大化改新の謎』、『神武東征の謎』、『継体天皇の謎』(PHP研究所)
税込価格 681円(本体価格619円)
内容 日本神話に描かれる朝鮮から渡来した神々……。朝鮮に残る日本から来た王の伝説……。考古学の成果を踏まえ、古代史最大の謎に迫る意欲作。

スサノオは日本に来る前に、朝鮮・新羅に降臨したと『日本書紀』にはある。また『古事記』や『日本書紀』には、「アメノヒボコ」という新羅の王子が描かれている。一方、新羅には、海の彼方からやってきたとされる脱解王の伝説がある。日本と新羅……。日本海を隔てて響きあう、それぞれの伝説は何を意味しているのだろうか。

 江上波夫氏の騎馬民族征服王朝説以来、天皇家は朝鮮半島から渡来し、日本を征服したのではないか、という説が唱えられてきた。江上説はすでに輝きを失っているが、いまだ「海の外からやってきて征服した」という漠然とした常識が、日本人の歴史観に影響を及ぼし続けている。

 しかし、新たに発見される考古学の遺物は、「天皇家=征服王」の可能性を否定するものばかりである。著者は、両国の伝承を丹念に読み込み、考古学の最新成果を照合し、この謎解きに果敢に挑んだ。その結晶が本書である。

 壮大な構図で古代史最大の謎に鋭く迫る!