万葉集と日本の夜明け
発売日
2016年09月01日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76484-9

万葉集と日本の夜明け

著者 半藤一利著 《作家》
主な著作 聖断』、『日本海軍の興亡』(PHP研究所)
税込価格 778円(本体価格720円)
内容 最古の歌集『万葉集』から、日本と日本人の心の源流を読み解く――“歴史探偵”の著者が、現代の視点から楽しく、わかりやすく論じた好著。

現存する最古の歌集『万葉集』には、日本と日本人の夜明けの姿がいきいきと描かれている。とくに東歌、防人の歌には庶民の作が多く、奈良朝の、貴族ではない人々の心象に分け入ることができる。東歌の天衣無縫ともいえる恋の歌に、思わず「わかるなあ」とつぶやいてしまうほど、その心の有り様は現代人に通底しているのだ。

 昭和史や日本近現代史を読み解き、「歴史探偵」を名乗って様々な好著を世に送ってきた著者は、じつは大学時代に和歌にのめり込み、短歌誌の同人だったという経歴の持ち主。しかしそこは歴史探偵、『万葉集』に向かえば、難しい文学的解釈ではなく視点は歴史の方へ。庶民の心のうちから古代史のダイナミズムまで、見事に愉しませてくれる。

 「雑学・名もなき人の歌」「長安の山上憶良」の二部構成で、単行本化されずにきた随想を収録した一冊。

 文庫オリジナル