「大日本帝国」失敗の研究【1868-1945】
発売日
2018年08月01日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76848-9

「大日本帝国」失敗の研究【1868-1945】
政治力の衰えが敗戦を招いた

著者 瀧澤中著 《作家、政治史研究家》
主な著作 「戦国大名」失敗の研究』(PHP研究所)
税込価格 864円(本体価格800円)
内容 大日本帝国がおかした失敗を、戦後の日本も繰り返している!? 権力者の失敗から「時代の転換点」を乗り越えるための教訓を歴史に学ぶ。

明治維新から約80年で消滅した「大日本帝国」。

 日露戦争の勝利や第一次世界大戦以降、「世界の五大国」に数えられるなど過去の栄光から一転して、大東亜戦争の敗戦へと続く“滅亡の過程”には何があったのか?

 本書は、気鋭の政治学者が「帝国陸海軍と西郷軍の奇妙な一致点」「濱口総理は、統帥権問題で憲法論議を避けた」「近衛文麿の新党運動は、政党の降伏運動」「目先の利益を追い求める外交の末路」など独自の視点から、大日本帝国が犯した失敗の教訓を導き出す。

 “同じ敗因”を繰り返し続ける、現代日本に警鐘を鳴らす一冊。

 文庫書き下ろし。

 【目次】

 第1章 「玉砕の伝統」~誤れる西郷精神

 第2章 統帥権干犯と憲法改正反対~文書に支配される政治

 第3章 政党はいかにして自壊していくのか~汚職と二枚舌

 第4章 汪兆銘と台湾断交~信義を裏切る「現実」外交

 第5章 日露戦争に見る大東亜戦争の敗因~成功から「失敗の種」を見つける難しさ