脳を活かす子育て術
発売日
2010年06月18日
在 庫
在庫なし
判 型
B6判変型並製
ISBN
978-4-569-77926-3

脳を活かす子育て術
0歳からの宝探し

著者 茂木健一郎著 《(茂木)脳科学者、東京工業大学連携教授》
須藤珠水
主な著作 脳を活かす勉強法』(PHP研究所)
税込価格 1,210円(本体価格1,100円)
内容 赤ちゃんから子どもまで正しく脳を育て、親子のコミュニケーションを育む方法を伝授。人のココロがわかる子どもに育てるために。

累計150万部突破『脳を活かす』シリーズ最新刊!

 赤ちゃんにどのように語りかければいい?ぐずる赤ちゃんを泣き止ませるには?子どもがモノをねだって困る……。子育ての悩みは尽きない。本書では、脳科学者である著者2人が、脳を育む視点で0歳からの子育てをどのようにすればよいかを伝授

 内容例を挙げると◎ご飯を食べさせながら、散歩しながら笑顔で赤ちゃんに語りかけましょう◎おねだりは、自発性を養うチャンス◎あいまいなことを叱るのではなく、具体的な方向性を示そう◎お母さんと赤ちゃんの脳が喜ぶ瞬間◎コンプレックスがあるほど、子育ては楽しくなる◎目、耳、手を使う読み聞かせのすすめ◎手紙、日記のやり取りが論理的思考を育む等々

 赤ちゃんの脳は生まれた瞬間から活動している、という。その脳をよりよく育むのは、親が、日頃赤ちゃんにどのようにかかわるかだ。現在、子育て中の人はもちろん、これから子どもをもつ人に必読の書!