心の病気にならない色彩セラピー
発売日
2012年02月17日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
A5判並製
ISBN
978-4-569-80267-1

心の病気にならない色彩セラピー

著者 末永蒼生著 《(末永)色彩心理学者、(恒川)医師》
恒川洋監修
主な著作 『絵が伝える子どもの心とSOS』(講談社)
税込価格 1,512円(本体価格1,400円)
内容 画家に長寿が多いのはなぜか。それは知らず知らずに色彩セラピーを行なっているから。ここまでわかった、心の病気と色彩セラピーの関係。

現代社会は、ストレス社会である。精神的ストレスによるうつ病、適応障害、神経症、心身症などの急激な増加は、大きな社会問題になっている。本書は、そんな心の病気の原因となるストレスや不安を簡単に解消できる、「色彩セラピー」を紹介する一冊だ。

 「色彩セラピー」とは、著者末永蒼生氏が創案したもので、心理療法の中の「色彩療法」を改良、進化させたものである。クレヨンを使って、「ぬり絵」や「落描き」を行うことで、ストレス解消効果や、右脳活性効果があることが実証され、実験の結果、がん細胞をやっつけると言われるNK細胞にも変化が見られたことを紹介する。

 また、本書では、絵を描くことによってストレスが解消され、健康で長生きができることも、世界の画家の例を引いて紹介。これも「色彩セラピー」の効果を裏付けていることの一つだ。

 心の病気にならない体を作り、いつまでも健康でいきいき生きたい人、必読の一冊である。