ドキュメント 遺伝子工学
発売日
2013年05月17日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
新書判並製
ISBN
978-4-569-81202-1

ドキュメント 遺伝子工学
巨大産業を生んだ天才たちの戦い

著者 生田哲著 《薬学博士》
主な著作 食べ物を変えれば脳が変わる』、『心の病は食事で治す』(PHP研究所)
税込価格 902円(本体価格820円)
内容 1970年代の終わりにわずか4年で開発された遺伝子工学。その誕生の経緯を、科学者たちの人間ドラマをまじえて明らかにする。

1970年代、アメリカでは糖尿病患者が増え続け、当時ウシやブタから抽出して入手するしかなかったインスリンの供給不足が危惧された。打開策は、バクテリアにヒトインスリン遺伝子を入れてインスリンを生産させること。このテーマに天才たちが挑み、壮絶な戦いが繰り広げられた。のちにノーベル化学賞を受賞した科学界の巨人ウォルター・ギルバート、わずか1000ドルの出資金で生まれたベンチャー企業ジェネンテック社、そのチームに参加した日本人研究者・板倉啓壱……。この戦いが遺伝子工学という新しい科学分野の礎となり、バイオテクノロジーという巨大産業を生むきっかけになったのである。科学史上に残る研究競争を、アメリカで板倉啓壱の指導を受けた著者がドラマチックに語る。