[証言録]海軍反省会 6
発売日
2014年04月22日
在 庫
在庫あり
判 型
A5判上製
ISBN
978-4-569-81841-2

[証言録]海軍反省会 6

著者 戸高一成編 《大和ミュージアム館長》
主な著作 [証言録]海軍反省会 1~5』(PHP研究所)
税込価格 4,400円(本体価格4,000円)
内容 全131回行われた、「海軍反省会」。第6巻は、その第45回から第53回までの議論を収録する。内容は「統帥権問題」など。

本巻では、統帥権問題や、軍の政治介入問題について、緊張感あふれる論争が繰り広げられている。語調の激しいやりとりも数多い。主な発言は、第45回における、佐薙毅氏の、帝国国防方針。第46回の日米海軍の作戦計画。第47回の末国正雄氏の統帥権の歴史的説明。中でも、陸軍の政治介入に対する末国氏の、若い軍人が、政治介入で軍ばかりではなく、国が動くという快感で、政治に深入りしているという発言は、現場を見てきた人物の感覚を伝えるものであろう。その他に、第52回での終戦工作についての議論、第53回での、海軍航空軍備計画など。