Voice
発売日
2020年4月10日
税込価格
840円
(本体価格764円)
在 庫
在庫あり
バックナンバー

Voice 2020年5月号

今月号の読みどころ

3月末に五輪・パラリンピックの延期が決まり、4月7日にはいよいよ7都府県に緊急事態宣言が発令された。新型コロナウイルスがもたらす禍が日本全土を侵食しつつあるいま、私たちはこの危機にいかに立ち向かうべきなのか。特集では総力を挙げて、経済から思想まで多岐にわたる視点で解き明かす。野口悠紀雄氏は無策の政府に対して「マネーの流動性を止めるな」と喝破し、養老孟司氏は「日本人が本当に恐れるべきものは何か」を語る。また、国家安全保障としての保健医療を訴える英キングス・カレッジ・ロンドン教授・渋谷健司氏の論稿は必読だ。さらに巻頭には、橋下徹元大阪市長が緊急提言を寄せている。いま、国民の命を守るために政府に求められる覚悟とは。特別企画は「韓国の教訓」。同じく新型コロナに揺れる隣国の姿から学ぶべきは何か。そのほかでは、マルクス・ガブリエル氏、山中伸弥氏なども登場。
公式サイト

今月号の目次

総力特集:どうする!コロナ危機
連鎖倒産を助長する政府の愚
野口悠紀雄
42p
「日本版CDC」設立で国を守れ
渋谷健司
51p
新型肺炎、緊急事態宣言を恐れるな
福田 充
60p
自由と幸福の相克を乗り越えられるか
大屋雄裕
70p
日中韓の差を生む「歴史の刻印」
岡本隆司
78p
政治経済の「免疫力」を備えよ
細谷雄一
86p
日本はすでに「絶滅」状態
養老孟司
94p
緊急提言
政府は結果責任から逃げるな
橋下 徹
16p
特別企画:韓国の教訓
「大陸性」と「群島性」が混淆する半島
小倉紀蔵
110p
格差拡大、文政権「死に体」化のシナリオ
金敬 哲
118p
彼らは「革命精神」で戦っている
伊東順子
126p
特別対談
プロ野球監督は戦国大名
栗山英樹&矢部健太郎
214p
連載 ほか
移民政策は欧州の失敗に学べ
ダグラス・マレー
132p
「石油価格戦争」からOPEC体制崩壊へ
保坂修司
140p
オークション理論は経済の潤滑油
グレン・ワイル
148p
日本構想フォーラム
米国に「真似される」研究開発を
山中伸弥
156p
日本流の「共創」がアマゾンを超越する
小野塚征志
208p
フェイクが壊す民主主義
マルクス・ガブリエル
102p
鏡の中のアメリカ〈終〉
「不安」が顕在化する世界――鏡の中のアメリカへ
先崎彰容
164p
賢慮の世界史〈2〉
「国際情報戦」の敗北
佐藤 優&岡部 伸
182p
中国vs.世界〈2〉
〈イスラエル〉「開封のユダヤ人」の悲喜劇
安田峰俊
192p
たばこと税の「本音の話」
坂口孝則
222p
ニッポン新潮流〈歴史論争〉
米海軍給油艦「ミシシネワ」と回天
渡辺惣樹
32p
ニッポン新潮流〈政治外交〉
新型コロナ禍の政治化
三浦瑠麗
34p
ニッポン新潮流〈現代社会〉
リスク社会とパンデミック
開沼 博
36p
ニッポン新潮流〈日本文化〉
展覧会中止で考えたこと
舘鼻則孝
38p
西南、南西、テレビ風〈43〉
リーダーは周囲に動揺は見せず
結城豊弘
40p
令和の事業家
サイバー空間を守る「秘密計算」
今林広樹
230p
著者に聞く
定年後につける第二の仮面
村田沙耶香
236p
巻頭言〈第29回〉
戦後日本の宿題シリーズ(1) 国家非常事態法制
宮家邦彦
13p
私日記〈第244回〉
続きのある話
曽野綾子
26p
文明之虚説〈第29回〉
児玉・後藤の検疫事業
渡辺利夫
244p
東京の聖地〈10〉
大安楽寺
写真・文/岡本亮輔
1p
土木を撮る〈25〉
東京外かく環状道路本線トンネル大泉南工事
写真・文/西山芳一
6p
令和の撫子〈12〉
タサン志麻
撮影/川島伸一
9p
Voiceブックス
編集者の読書日記

240p
Voiceシネマ
編集者の映画三昧

241p
Voiceレター
読者の感想&意見

242p

Voice とは

 月刊誌『Voice』は、昭和52年12月に、21世紀のよりよい社会実現のための提言誌として創刊されました。以来、政治、国際関係、経済、科学・技術、経営、教育など、激しく揺れ動く現代社会のさまざまな問題を幅広くとりあげ、日本と世界のあるべき姿を追求する雑誌づくりに努めてきました。次々と起る世界的、歴史的な変革の波に、日本社会がどのように対応するかが差し迫って闘われる今日、『Voice』はビジネス社会の「現場感覚」と「良識」を基礎としつつ、つねに新鮮な視点と確かなビジョンを提起する総合雑誌として、高い評価を得ています。