歴史街道
発売日
2021年7月6日
税込価格
790円
(本体価格718円)
在 庫
在庫あり
バックナンバー

歴史街道 2021年8月号

今月号の読みどころ

今月の特集1は、〈日本史と世界史の転換点(ターニングポイント)〉です。
いま人類は、大きな岐路に立たされています。
新型コロナウイルスは、グローバル化、格差、覇権争いなど、現代社会が抱える問題をまざまざと浮き彫りにしました。
われわれは、「これからの時代」を、いかに生きるべきなのでしょうか。
歴史を顧みると、人びとに変化を迫る転換点はいくつもありました。
世界史の、そして日本史における古代、中近世、近現代のターニングポイントとは、いかなるものだったのか。それが後世に与えた影響とは――。
現代へのヒントを探る特集です。

特集2は、〈天正伊賀の乱〉です。
織田信長から伊勢を与えられた、二男の信雄が隣国の伊賀へ侵攻しますが、伊賀衆はこれを見事に撃退。
しかし、二年後、伊賀は再び織田軍の侵攻を受けました。
「伊賀衆」とはどのような集団なのか、織田の大軍を相手にいかに戦ったのかに迫ります。

特別企画は、〈「北越戦争と河井継之助」の真実〉です。
来年、『峠』(司馬遼太郎著)の映画が公開されることになっており、話題を呼んでいます。
その主人公、河井継之助とはいかなる人物で、その真意はどこにあったのでしょうか。
戊辰戦争の中でも、激戦が繰り広げられた北越戦争と、その戦いを主導した河井継之助を紹介します。

公式サイト
今月号の目次
この人に会いたい
vol.173
佐々木蔵之介
7p
特集1 日本史と世界史の転換点(ターニングポイント) 「これからの時代」を考えるヒント
【総論】
人類史を読み解く「九つのポイント」
本村凌二
14p
【日本史編】
古代◎列島形成、倭王権、律令国家、王朝国家、そして… この国の歩みは、かくして始まった
倉本一宏
22p
特別インタビュー
歴史好きアイドルが考える日本史を変えた人物
山崎怜奈
28p
【日本史編】
中近世◎応仁・文明の乱、桶狭間、関ケ原… 乱世から平和へ――武家政権の七百年
小和田哲男
30p
【日本史編】
近現代◎黒船来航、昭和十年の暗転、所得倍増計画… 今日の日本を考えるために必要な「三つの年」
井上寿一
36p
イギリス・中国・ロシア・アメリカ
「国家台頭」と「近代化」をもたらしたものとは
宇山卓栄
42p
特別インタビュー
クイズ王が注目する世界史を変えた二人
伊沢拓司
52p
特集2 天正伊賀の乱 “忍びの国”で何が起こったのか
【総論】
一度は織田軍を退けた「伊賀衆」の正体
山田雄司
104p
信長を撃て!――“鉄砲の名手”城戸弥左衛門異聞
乾 緑郎
109p
特別企画 「北越戦争と河井継之助」の真実
【ドキュメント】
恭順を拒み、徹底抗戦――“英才”がめざしていたもの
河合 敦
72p
「長岡城を奪還せよ!」激闘の果てに見たものとは…
秋山香乃
78p
連載・読み物
悲観のすゝめ
黒鉄ヒロシ
3p
コイン&メダルにまつわる歴史の表と裏
第1回 ナポレオン三世

54p
「北前船」の面影が残る町――石川県加賀市

56p
知恵と奇策で島津を翻弄! 
九州の賢母・吉岡妙林尼の籠城戦
赤神 諒
60p
明治のベストセラー『西国立志編』が日本人に訴えるもの
長尾 剛
64p
連載 万、已むを得ず
第1回
幸田真音
82p
この著者に注目!
米澤穂信

94p
連作読切小説 戦国武将×四十七都道府県
第24回 長宗我部元親×高知県「土佐の土産」
今村翔吾
96p
打ち上げの禁止、慰霊と悪病退散… 
知っているようで知らないお江戸の「花火事情」
安藤優一郎
114p
上杉、北条、武田の狭間で…
難攻不落の金山城と由良氏
鷹橋 忍
118p
ふるさとの先人×SDGs~嚶鳴だより
第10回 明治三十六年の活人画

122p
歴史とともに味わう世界の城
第13回 フォート・マクヘンリー
島崎 晋
130p



「歴史街道」伝言板

90p
BOOKS・CINEMA

92p
年間購読のご案内

125p
次号予告!

126p
歴史街道脇本陣

127p

歴史街道 とは

「いま、歴史がおもしろい」
 歴史は過去の人物や出来事を取り上げるとはいえ、現代の人びとに役立たなければ意味がありません。また、歴史は本来、そんなに堅苦しく難しいものではなく、もっと身近で楽しいものであるはずです。そして何より、人間を知り、時代の流れを知る上で、歴史ほど有益な参考書はありません。そこで『歴史街道』は、現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビジュアルでカラフルな誌面とともに提供します。いわば、新しいタイプの歴史雑誌といえるでしょう。