電車は「心の休憩室」
発売日
2004年08月02日
在 庫
品切れ重版未定
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-66268-8

電車は「心の休憩室」
移動時間で「自分」に気づく心理学

著者 加藤諦三著 《早稲田大学教授、日本精神衛生学会理事》
主な著作 「不機嫌」と「甘え」の心理』(PHP研究所)
税込価格 524円(本体価格476円)
内容 電車の中は、一人でものを考えられる貴重な時間。この時間を利用して、気持ちを切り替え、自らをリフレッシュさせるヒント満載の一冊。

通勤、旅行、里帰り……。私たちは人生の多くの時間を電車の中で過ごします。車窓の景色や車内の乗客を眺めてふと物思いにふけるとき、電車は単なる移動手段ではなく、人生を考える恰好の空間であることに気づきます。

 この本は、そんな貴重な空間である電車の中で、フッと肩の力を抜いて心を休ませたい人たちのために作りました。「“電車から降りたらもう悩まない”と決める」「“会社の何がイヤなのか”を考えると、徐々に突破口が見えてくる!」「行きの電車で“心に引っかかっていること”をメモし、帰りの電車で消せることは消していく。すると、小さなことでくよくよしていた自分に気づく」など、電車の中で心のリハビリができることばと出会えます。

 ほのかな揺れに身を任せながら、ページを開いてみると、いつのまにか気持ちが切り替わっていることに気づくでしょう。あなたも知らないあなたとの出会いが、きっとあります。著者初の文庫書き下ろし。