歴代総理の通信簿
発売日
2013年11月01日
在 庫
在庫あり
判 型
文庫判
ISBN
978-4-569-76090-2

歴代総理の通信簿
国家の命運を託したい政治家とは

著者 八幡和郎著 《評論家、歴史作家、徳島文理大学教授》
主な著作 『江戸三〇〇藩 最後の藩主』(光文社新書)
税込価格 922円(本体価格838円)
内容 初代・伊藤博文から第二次安倍政権まで、歴代総理を大胆に格付け――。日本の舵取りを担うリーダーの“正しい選び方”を考察する一冊。

日本でも政権交代が繰り返される時代――。“首相選び”はますます人気やイメージが先行しがちだが、真に求められる資質は高い見識と行動力、そして“シヴィル”(文官)の頂点にふさわしい使命感にほかならない。

 本書は「一国の指導者としていかに業績をあげたか」という視点で、初代・伊藤博文から現代の首相まで歴代総理の業績を10段階評価で格付けしていく。

 「山県有朋:第一回の総選挙と国会を見事に乗りきる」「大隈重信:野党政治家としては素晴らしいが、史上最低の宰相の一人」「原敬:地方に基盤を置く保守政治の創始者」「岸信介:よみがえったアジア主義」「中曽根康弘:外交は満点、経済は零点」「安倍晋三:五年前と何が違うか――円熟と過激さが両方強まる」など、歴史に名立たる宰相たちに大胆に付けられた評価は果たして何点なのか?

 日本の舵取りを担うリーダーの正しい選び方を考察する一冊。

 新書版『歴代総理の通信簿』を増補改訂。