「自衛隊」無人化計画
発売日
2009年09月16日
在 庫
在庫なし
判 型
四六判並製
ISBN
978-4-569-77418-3

「自衛隊」無人化計画
あんしん・救国のミリタリー財政出動

著者 兵頭二十八著 《軍学者》
主な著作 [新訳]孫子』(PHP研究所)
税込価格 1,430円(本体価格1,300円)
内容 世界の最先端を走る日本のロボット技術。これを上手く使えば、日本の国防は磐石、かつ停滞する経済も一気に復活させることができる。



 日本はもっか重苦しい不況と少子高齢化、官僚支配による硬直した社会のなかで、来るあてのない夜明けを待望している。そんな沈滞したこの国に、明るい未来を約束する究極の政策、それが「ハイテク軍備一点かけながし」である。

 すなわち、市場に任せておくことが絶対に不可能な「国防」という分野で、ロボットを中軸としたハイテク軍備だけに兆単位の税金を投入し続ける。それにより、バラマキでない景気浮揚を実現し、多くのベンチャー企業をも育成する。その中で若年労働力も吸収できるし、ゆくゆくは一次産業・福祉・国防等における人的資源不足を新型ロボットが補ってくれるだろう。

 実は、こうしたハイテク軍事はアメリカ経済を引っ張ってきた原動力でもあった。そして世界の軍事力は確実に「無人化」へと向かいつつある。日本の得意分野への投資で、まずは安全保障を磐石にし、同時に経済を活性化しつつ高福祉社会を実現する、まさに救国の一策である。