[証言録]海軍反省会 9
発売日
2016年08月24日
在 庫
在庫あり
判 型
A5判上製
ISBN
978-4-569-83148-0

[証言録]海軍反省会 9

著者 戸高一成編 《呉市海事歴史科学館・大和ミュージアム館長》
主な著作 [証言録]海軍反省会 1~8』(PHP研究所)
税込価格 5,940円(本体価格5,400円)
内容 第69回から第92回までの、録音記録の残る8回分を収録。「ハワイ作戦についての源田実の嘘」「硫黄島戦の事実」などについて議論が交わされる。

『[証言録]海軍反省会』の第9巻。第69回から第92回までのうち、録音記録の残る8回分を収録する。本巻は、録音記録が欠落した回が最も多くなっている時期に当たっており、会の議論進行が追いかけにくい感は否めないが、そんな中でも貴重な議論が多く含まれている。まずは、各巻で必ず触れられる「真珠湾攻撃」「山本五十六」に関する論議。今回は、第二撃問題についての源田実氏の証言の虚実が語られるが、常にこの反省会に登場するこの二つの議題は、大日本帝国海軍における根本問題を含んでいるのではないかということが、極めて強く感じられてくる。その他に、黛治夫氏が初めて語る、「命中率3倍の根拠」。ミッドウェー海戦、雷爆装転換問題。豊田隈雄氏による、「戦争裁判における海軍の駆け引き」など、読みどころ満載である。